処理できないから聞いてください 〜クリエF公演 宇宙Six〜

宇宙Sixの単独クリエに行ってきたよ!(精一杯コンビニ感覚ぶる)

 

自担がグループ単独メインのクリエって初めてなものなので、この感情をどう処理したらいいのかわからんので聞いてください。

今自分が生きてるかどうか確かめるために暴君ハバネロ食べながら書いてます。カライ…イキテル…

 

今日日比谷で何が起こったのか、ありのまま話すぜ…例のごとく驚きの視野の狭さで幸大くんしか見れてないので間違えていたらごめんなさい。あとまじで語彙力がない。すみません。

 

 

 

1.オープニング

幕が上がると宇宙服みたいなシルバーの衣装(肩にパットみたいなのついてる未来チックな服)を身にまとった6人がステージに。顔は伏せた感じ。未来っぽいBGMとともにロボットダンスっぽく?無重力っぽく?モーションとストップを繰り返す。

宇宙だ〜〜〜宇宙っぽい6人だ〜〜〜〜〜〜宇宙Sixだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜やばい宇宙Sixの公演にきちゃったやばい

 

2.Asterisk

OPでそのままあすたりすくへ。すきじゃ〜〜〜〜〜〜ん。相変わらずの宇宙調でかっこいい。こういうの見たかった…

 

3.TAKE ME HIGHER

歌割りとか合同とおなじな…はず…?

 

4.GOLD

聞きたかったやつーーーー!!!以前自担がメイン単独でクリエ公演やったらっていうセトリ考えた時にいれました。見れてよかった…

ステージに広がっておのおのかっこつけて歌うんですけど、幸大くん最後の方ジャケット脱いで肩からおろしてた…そんなんしてるのあんまり見ないから…なんていうかすき…

 

5.SHE SAID...

間奏で一人一言ずつ煽りの一言言うんですけど、幸大くんは「みんなで幸せになろうぜー!」だった。はず。江田さん(曖昧)が「俺らについてこいよ!!!!」ってめっちゃ男らしい声で言ったのがびっくりしました。原くん途中で「ふぁいやー」みたいな謎の煽り言ってませんでした…?

ていうか通路からステージに戻った幸大くん、ステージで超楽しそうなの…。いつもは客席にぎらぎら笑顔見せてるイメージだと思うんですけど、うつむきがちでリズムとってて!!!!!音を体で感じている…!!!!?!!!?!?!?って感じ。かっこいい…

曲終わりの煽りは幸大くん。

「みんなーーーーーーー!!!!声を出せるかーーーー!!???(問いかけがちょっといいとも調)」

もっともっとー!って大声で煽ってたんですけど、声枯れるほど大声出してる幸大くん久しぶりに見た気がする…何もかも焼き尽くすぶりかもしれない…胸熱

 

6.Hung up on(林ソロ・江田山本バック)

当たり前にかっこいいからずるい。ていうかふつうにThey武道やんけ。

 

7.小芝居〜ロマンチックタイム

テーブルと椅子をセッティングし、テーブルクロスをかけながら一人芝居し始める原くん。

「やっべーこんな時間!お客さん並んじゃってるよーー!」って言った時「なにに?当日券?」って思ってごめん。設定はカフェの開店前とかなんだろうか…

 

原くんの口調のマネをしながら山亮が出てきておちょくる。カフェの椅子を原くんに投げ、慌ててそれを受け取る原くん。

原「もぉ〜!椅子は投げるもんじゃないでしょ!」

椅子に座ろうとする原くん。山亮に椅子をすっと引かれ転ぶ原くん。

原「もぉ〜!どうしようもないんだからぁ〜!!」

 

なにこれ原くんに優しく怒られるプレイ?(楽しい)

 

原「よし!開店だ〜!!」の合図で始まるロマンチックタイム。

はじめに出てきた江田目黒ペア。歌いながら横を向いて目黒くんが江田くんの肩をつかむも、身長差がすごすぎて完全に「前にならえ」状態…(ざわつく会場)

次に出てきた林松本ペア。歌いながら手を振ってかけよる2人。どうやら2人は待ち合わせをしていたようだ(私のメモ帳に残っていた謎のメモ)

♪燃えるようなキッスでしびれちゃいましょう♪のところで幸大くんがプレゾンでよくやってたザアイドルな表情(人差し指を突き出して、顔くしゃってして笑ってる顔)してて、うわ〜〜〜ぷれぞんの幸大くんだ〜〜〜〜〜って思いました。なんか久しぶりにあんなにプレゾンな幸大くん見た…コンサートのファンサじゃなくて青劇のステージでやるアイドルの顔…

原山本も合流で6人でサビ→1フレーズで次の曲へ

 

 

8.まいったネ今夜

ちょっと好きすぎて覚えてないですね。途中で3人がはけてThey3人で踊ったはず。

 

9.男 never give up(松本、原、目黒)

選曲まじか。「若さは武器だから」って歌う幸大くん。

てか!!!!!!!ちょっとこれ本当に声を大にして言いたいんですけど!!!!!!

この3人超歌声の相性いい!!!!!そして3人ともセクゾの曲調があっているというか声が若々しいというかキーが高いというか3人とも普通にうまいし一言で言うと歌声がまじで超セクゾ!!!!!!

♪お前らしくすすめ↑の高音キーを幸大くんが歌うんですけど、本当高音得意だよね幸大くん

 

あとこのあたりからたしか黒字に金の衣装に着替えたはずなんですけど幸大くんだけジャケットの後ろの裾から糸みたいなのたれてるデザインでしっぽみたいでかわいい。林くんだけ左側にマントついててずるい。

 

10.復活LOVE

スタンドマイクで復活LOVE。悲しいことに幸大くんのマイクの加工が序盤で壊れてしまって、マイクは復活せず…。普通のマイクの上に演出上大きめのマイクにしてある?ぽかったんですけど、それがとれてしまったようで、落ちないようにずっとマイクを掴んで支え続けていました。

明日は壊れませんように…(泣)

最後の「おかえり」はこうたくんが言わせてもらってて、

ただいまーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!って感じでした。どこから?

 

11.Hair

へあぁ。

合同の時からAメロソロパートって江田さん→原くんでしたっけ?江田くん→目黒くんだと思ってた…

あと山本さん「You are so sexy」っていうの超うまくないですか?

林くんの衣装にだけマントがついていてずるい。

 

12.Keep the face

楽しかったーーーーーー楽しかったことしか覚えてない。林くんの衣装にだけマントがついていてほんとうにずるい。

 

13.MC(不安)

 

江田くんが超ちゃんと仕切ってて、「江田ちゃん喋らない時代」のMCの印象しかなかった私には衝撃でした。ということで覚えてるところを抜粋します。

 

〜不安な原くん〜

江田「宇宙Sixとしては初めてですね」

原「みなさん俺と目黒のこと知ってます?大丈夫です?Theyだけしか知らないで来たみたいなのじゃない…?」

林「知ってて見に来てるよ!!!(マジレス)」

 

〜隠しきれないおばか〜

目黒「Theyのバックついてたから、ちょっと何年か後にまさか一緒になるとは」

みんな「何年も経ってないでしょ(笑)」

幸大「結成はクリエの半年後とかじゃない?」

目黒「まさか来年のクリエ一緒にやるとは思ってなかったです。去年のクリエの時は」

時系列がぐちゃぐちゃな目黒くん。あんまりつっこまず「そうだね」って言ってあげるおにいちゃんたち…。

 

〜メンバー選出はあみだくじ〜

山本「いっぱいジュニアいる中であみだくじで原ちゃん決まった」

エアーであみだくじやり始める山本さん。

山本「こう辿って行って…あ、原ちゃんって決まった。何回やっても原ちゃんなの」

林「何回やってもそうだったね〜」

原「もし一本線たしてたら俺じゃなかったっすもんね(悪ふざけにノる)」

山本「いやそれでも原ちゃんだったと思うよ」

その後幸大くんにも話を振る。

幸大「俺はまあ一時期1人だったんだけど(リアルな話だ…とじわじわと笑いが広がるメンバーと会場)、でも色々あってこうやってさ、運良く…」

山本「あみだでね」

幸大「えぇー?俺もあみだなの??」

この幸大くん彼氏力たかかった…かわいかった…不意を突かれた感じでかわいかった…

 

〜過言〜

原「TAKE ME HIGHERまじでしっくり来ません?すごいしっくりきてるんですけど!」

山本「もう俺らV6と言っても過言ではない」

過言です。

 

〜潔い〜

大野くんに歌声が似てると言われる林くん

原「それは似させてるんですか…?」←核心に触れた感

林「似させてる!!!(きっぱり)」

林くんは大野くんに寄せてる

 

〜仲良し下手組はやこた〜

・衣装は林くんと幸大くんがいろいろ考えたって話

→「そう!」「そういうの好きだから!」って2人で目見合わせて下手に寄ってたのかわいい

・林くんのターンが大野くんのターンに似てるという原くん。その場でモノマネする原くん

→「今のは違うよねぇ?」って感じで幸大くんに寄って顔を見る林くん。幸大くんも「ちがうね〜」って感じで頷いてて、はじめて林くんより幸大くんの方がお兄ちゃん…って思いました

 

〜はらくんのぎもん〜

ロマンチックタイムを選んだのは原くん。めちゃめちゃ歓声が上がったことにびっくりしている原くん。

原「なんでそんなに沸いたんすか???(客席に)」突然の普通の問いかけわろた

 

〜ねばぎばの話〜

本当は女装してかわいく仕上げるつもりだった男never give up。

原「まあちょっとやってみたけど違かったっていうか」

山本「ちがうっしょwww原ちゃんがかつらまじで似合わなかったからだから!!!」

幸大「今俺触れないで優しくにごしたのに…」

原「俺のせいじゃないです」しらばっくれる原ちゃん。

幸大「いや超ブスだったよ!!!!!!!!

大事だと思ったのでアンダーラインひきました。優しくにごしたと思ったら速攻でろ過する幸大くん。

 

MC中幸大くんていねいにお水飲むし、話聞きながら(聞いてないかもしれない)ていねいに靴とずぼんの裾を直し始めててまじマイペースマイワールド炸裂してました…かわいい…

 

14.Ho!サマー

客席は座ったまま客席降りでハイタッチとかいうからただのプレゾンじゃん…って感じでした。

 

15.Bonnie Butterfly

せっかくのボニバタなのにまるで記憶がない(やばい)

 

16.アイアイ傘(松本、林)

我が人生に悔いなし。

ボニバタ終わって2人だけジャケット脱ぎ始めたからなんだなんだと思ったら…はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜我が人生に悔いなし〜〜〜〜〜〜〜。

ハモりは2人で上ハモ下ハモをワンフレーズごとに交代してて…!最高なんですよ…

歌声が緊張してるのがわかったし幸大くんは低音が苦手だなと思いました。林くんの方が声が低い。

 

17.抱いてセニョリータ(目黒江田)

11-12列通路のお立ち台の上でスタンドマイク置いて踊るクリエ初めて見た。さいこう。お互い背中合わせてスタンドマイクで歌うんですよ!!?さいこう。

 

18.Crazy accel(山本、原)

ちょっとこれ最強すぎました。クレアクを「やまりょ!!!!!」って感じのダンスでがっっっっっっっっっしがし踊るんですよ!!!!あんなに踊るクレアク初めて見た。2人しかいないのにあそこまでかっこよくダイナミックにがっしがし踊るのすごい。歌もうまい。山本さんが歌う橋本くんのソロパートの歌い方ちょっとてた。

とにかくダンスがかっこよすぎて本当に羨ましかった〜〜〜〜このダンスみんなに踊って欲しい…今回の公演の中で一番好きな振り付けでした…みんなにみて欲しい…

 

19.Steal your love(江田メイン・目黒幸大バック)

Ai...Ai...で江田さんと幸大くんでハモるんですけどきれいすぎて…ちょっと無理です…

 

20.Form(山本メイン・林江田目黒バック)

山本さん+バック1人って感じでどんどんバックが変わっていくスタイル。林くんと踊って林くんが下手にはけて、江田くんが上手から出ててはけて、目黒くんが上のセットに出てきて…の流れがかっこよかった…

 

21.愛想曲(歌舞伎アレンジ)

1人ずつ和服で登場しセンスを持って歌舞伎っぽい曲に合わせて踊る6人(幸大くんが最初だったから嵐じゃぽを思い出してソロだと思ったのはわたしだけじゃないはず)。

やばい…滝沢歌舞伎始まった………

(歌舞伎厨死亡)

 

腰の刀を引き抜き、愛想曲(セレナーデ)が始まります。

さてはこのせれねい、ステッキじゃないぞ・・・?

林江田原 VS 山本松本目黒で殺陣をしながらのせれねい…!!!!!!!!!振り回すのはもちろん刀です。好き…!!!!!!!!!!

 

きいてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこうたくんって殺陣うまいんですよーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!江田くんうまいうまいって言われがちで目立ってないけど実はまじで殺陣うまいんですよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!滝沢歌舞伎ではいつもいいところで斬られる役なんですよーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

って叫んで地球走り回りたかった。ありがとう。タッキーへ。歌舞伎出して。切実。

 

22.Sakura

ああ…ホーム感………蘇るじゃぽ感…………実家に帰った感……………………

 

23.ひと夏の…

合同でも盛り上がった曲。やっぱりこの曲の幸大くんは楽しそうで大好きだ。

 

24.Endless Summer

楽しい曲で終わったのが意外というか、でも嬉しい意外性で。ハッピーなまま終わってよかったーというきもち。知らない曲だったんですけど、みんなのパートがあってすごくよかった。。。はっぴ〜だ〜〜〜〜

 

アンコール

25.花言葉

幕があいたら6人が赤いお花を一輪持って踊り出したので、「ああ!!!母の日だからね!!!!」って思ったけどカーネーションじゃなくてバラだった。ていうか母の日終わってた。

ステージで6人並んで後ろむいてお花を客席にむいて投げてたんですけど、幸大くんのお花全然飛んでいかなくて、ていうか飛距離の問題じゃなくてもうポイ捨てレベルというか「落とした」って表現が適切なポトリ…感で、じわじわきました。2年前のクリエでギターのピック投げた時も全然とばなくて2列目とかに落としてたっけな…

振り向いた幸大くんがあまりの飛んでなさに(多分最前列の人がとってた)ちょっと眉毛あげて笑ってたのもツボ。

 

26.Yes?No?

ラスト大勝利ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

Theyがねイエスノー歌うたびにね羨ましかったんですよ…Yes!No!ってコールできるのほんとうに嬉しかった…あ〜〜〜うれしい。あ〜〜〜〜〜たのしい。あ〜〜〜〜〜〜〜好き。

 

 

 

個人的に「こうしてほしかったな…」ってきもちがないと言ったら大嘘ではあるんですけど(そろがほしかったしあゆはぴのにのそろを6にんでやってほしかった…こごえ)、

「たのしい〜!」で終われてよかった、そういう意味で心が軽くなった公演でした。たのしい!でいいんだよね!!!っていう!!!!

 

なにより、幸大くんが「1人になっちゃった時もあって…」って、普通のテンションで言えてたのが安心した。ちゃんと言葉に出来るようになってて嬉しかった。なにより声を発する機会があるのがうれしい。うれしいんですよ!

公演見たら絶対泣くと思ったんですけどそんなことはなくって、あ〜たのしいな、わくわくするなって思えた自分に出会えてよかったです。これからの活躍が楽しみだ!次が楽しみなのはいいことです!!!次の仕事を楽しみにするきもちは素敵である!!!!!!!!!!解散!!!!!!!!!!!!!!!

生きててよかったと思ったのでハッピーをおすそわけします。クリエE公演〜宇宙SixMADE合同〜

 

 
 
ッハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
すべての語彙力を日比谷においてきたおたくです。
 
あまりにも言葉が出てこなくて、「やばい」「やばい」「やばい」と、やばいの三段活用しか使用できないので、本当にやばくてやばいです。やばい。やばくてやばい。やばすぎるやばさ。やばい。
 
 
どのくらいやばいかと言いますと、
 
1曲目のイントロが流れて、ステージに、グループのみんなとおんなじ色の衣装を着ている自担を見た瞬間、わって視界が曇って、10秒くらい記憶がなかったというくらいやばい。脳が機能してないのやばい。
 
1分前まで「ご飯食べたら眠くなってきた…☺️」みたいなへらへらしてた自分が最初の数秒で泣いていたのがやばい。記憶を飛ばした10秒間の間にペンライトで自分を殴ったらしく左ほほがちょっと痛いのがやばい。
 
 
 
要約すると、宇宙SixとMADEの合同クリエに行ってきました。
 
 
何がやばいのかわかんないくらいやばかったのですが、大きくまとめると、
 
なんか!!もう!!!今まで拗ねててごめんな!!!!!!
 
 
楽しんで自担のこと応援できなくてごめん!素直に喜べなくてごめん!ほんとごめんな!!!ほんとうに今日楽しかった!!!!
 
 
ということでこのやばい気持ちをやばいなりにレポートとして提出したいと思います。かなり主観が入ってるし曲とか人とか間違えてるかもしれないですけどごめんなさい。基本幸大くんしか見てないので存在を消し去ってしまった人とかいたらごめんなさい。許してください。
 
 
 
1.Crazy Moon 〜キミ・ハ・ムテキ〜
 
イントロが流れて、降りた緞帳に映し出される6人(下手)と4人(上手)のシルエット。
かっこいい!かっこいいけどなんか人多い!!人多くてかっこいい!強い!!!
慌てて立ち上がるのと同時に幕が上がり、真っ赤なスーツの宇宙SixとブルーのスーツのMADE。
 
♪追いかけるだけの恋は切ない〜
のAメロでセンターで歌う幸大くん。この時点で全世界と和解した。すべての人の罪を許した。ありがとう。わたしは追いかけるだけの恋でも全然切なくないです。
 
 
2.SHOCK ME vs Devil or Angel
 
しょっくみー(吐息)の掛け声で始まるMADEのSHOCK ME。そして同時進行で始まる宇宙SixDevil or Angel。掛け合いのように2曲が進んでいきます。かっこよくてやばい。
なんか既視感があると思ったらNEWSのpacificの演出で同じものがあったようで。やばい。本当にかっこいい。やばい。
 
 
3.weeeek
 
そんなん盛り上がるに決まってるよねーーー!!!!!?
お立ち台にきたメンバーがサビでジャンプしてたところが熱くなりました。クリエって客席が近いから、ライブハウスのような一体感があって本当に楽しかった…飛び跳ねる幸大くんかっこいい…むり…地面に足ついてるだけでかっこいいのに浮いててもかっこいいのなんて当たり前じゃん(怒)
 
ちなみに他の宇宙Sixのメンバーは通路を通ってメインステージに戻り、次の曲に備えてジャケットをとってきて立ち位置についていたのに、幸大くんだけ案の定マイペースにワンテンポ遅れてメインステージに戻っていたのが本当に幸大くんでした。
間に合うの!?って心配したけどちゃんと袖からジャケットとってさっと位置につけて偉いね。100点です。
 
 
3.EMMA(MADE)
 
宇宙Sixがジャケットでダンスをした後、着替えたMADEが出てきてジャケットプレイのEMMA。MADE単独でもやってました。
 
 
4.スギルセツナ(MADE)
 
近くのMADE担が「うひょー!これもやってくれるのー!」って喜んでて楽しかった…。椅子を使った演出、すごい好き…
 
 
 
黒地に金の刺繍?が入った衣装の宇宙Six…!!!軍服みたいでかっこいい〜〜〜!!!!!全員金の模様が違ったのがかわいい。
 
 
6.Hair(宇宙Six
 
デターーーーーーーーHair大好き人間…というか西の現場に行くたびに聞いていたので、最初の「ヘアァ」って聞いた途端軽く腰抜けました。
 
「もう徒らに誘わないで」って歌う幸大くんのやばさレベル1000000000
誰だよ幸大くんのこと誘ったの!!!!!!
 
腰に手を回して、のフリが思ったよりエロくなく健全で可愛かったのが微笑ましかった。
 
 
7.Fighting man
 
祭りで見て以来大好きになった曲だったのでこれまた嬉しい選曲。ステージにぎゅっとなってFighting man〜♪って歌うの見るだけでニコニコしちゃう…
この曲の幸大くんがすごく楽しそうで、いつもより表情がやわらかでくるくる回ったりしてて、楽しいんだなー!メインっていいよねー!よかったー!!よかった!!!!本当に良かった!!!!!
 
 
8.シャッフルメドレー
 
怒涛のシャッフルメドレーが始まります。最&高の連続なメドレーすぎて個人的に毎曲毎曲心の中で悲鳴あげてた。ワンフレーズだけではもったいなすぎる曲たちです。
 
・MADE IN JAPAN(林、江田、原、稲葉)
 宇宙とMADEの比率〜!?って1曲めから笑っちゃったんだけど本人たちは色々試行錯誤してたみたいですね。すべての曲で1人がセンターみたいな構成だったと思うんですけどこの曲は誰がセンターだったか覚えていない・・・ 
※5/23追記 稲葉くんでした
 
・Vanilla(山本、冨岡、目黒)
 センター山本さん。うわーーーーここでVanilla…Vanillaは間違いないですよねほんと…間違い無い最高
※5/23追記センターは目黒くんでした
 
クルトン(江田、稲葉、福士)
 センター江田くん。江田くんがかわいいのはみんな知ってるじゃん!?背高い2人を携えて1人ちったいのを利用しすぎじゃん!?そこまではまあ理解できるじゃん!?でもこの曲は稲葉くんがさ!!!!!!かわいくてずるいよね!!!!!!!!最低でも10/609人はここで稲葉くんに落ちたと思う。かわいい。ずるい。
 
・Love situation(秋山、山本、林、目黒、松本)
 らぶしちゅーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!みんな大好きラブシチュ。
「チカヅキタイ…」はセンターの秋山さんのセリフなんですけども、幸大くんもめちゃめちゃキメ顔でマイクを通さず言ってたのをここでご報告いたします。どこにいても幸大くんはセンターなのである…(諸説あり)
 
・butterfly(福士、江田、原)
 福士くんのボイパから始まる〜いえ〜い!butterflyげ〜む♪
 MADE単独でもやっていたけれど、結構見ていない人が多くて「おお〜」って歓声が上がっていたのが嬉しかった。
 
・G TO THE HEAVEN(山本、松本、冨岡、秋山、目黒)
 butterfly組に突如乱入し手に持ったスプレー(殺虫剤)を吹きかける5人。山本さんセンターでスプレーをシューシューしながら歌います。めっちゃシュール。あまりにもシュールだったので絵にした。
f:id:saladfirst:20170521231946j:image
 
・オリジナルブルー(全員)
 大河「わたしぃ…!江田くんから!原くんに担降りしのぉ〜〜〜〜!!!!!」
 江田くんの10代の頃の顔のうちわを裏返してゴリラ(リアルゴリラ)の写真のうちわを振りかざす大河。からのオリジナルブルー。この流れわかります!!!?They武道クリエ初年度の流れと同じ!!!!!!!!!まさかあの強火秋山さん(当時はおさげ)が担降りしたなんて…。
 
・Now and Forever(福士、冨岡、原、林、山本)
 なうわんふぉえゔぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(号泣)
 
・KISS KISS KISS(松本、稲葉、秋山)
 もおおおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜さいこお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜すきじゃん!!!!!!!スタンドマイクで3人で。幸大くんはしっかりセンター。ありがとうございます。明日からも強く生きていきます。
 
ポコポンペコーリャ(冨岡、目黒、江田)
 冨岡さんセンター。全員がどうぶつさんの耳をつけています。
 冨岡→うしさん、江田→ねこ、目黒→たれ耳のいぬ
 これの何が最高かって、もう慣れたもんで貫禄さえ感じる江田にゃんと、意外とやりきるかわいい冨岡さんに混じって、「俺…何してんだろう…」みたいな戸惑いを隠せず大量の汗をかいている目黒くんの慣れないわんこ。大型犬かわいい…最初警戒心つよいけど、徐々に忠誠心をもって飼い主に接するラブラドールレトリーバーですわ(しろめ)
 
 
・Don't u ever stop(原、大河、福士、松本)
 原くんセンター。えーなんか…なんか原くんめっちゃ普通にっていうかなんかものすごくかっこいいんですけど…えー…気づきたくなかった…
 
スワンソング(林、稲葉)
 林くんいた!!!?ってくらいシャッフルでのインパクト少なかったんですけど(多分見れてないだけで普通にいた)、ここにきてはいはいはいやっぱり聞かせにいくよね〜〜やるよね〜〜〜
 でも稲葉くんが意外にも歌がうまくってすごく驚きました。林くんと稲葉くん!?って思ったけど、聞かせにいくコンビとしては大正解…!かっこいい!
 
 
9.REAL DX
 はいはいはいはい。おたくみんな踊れるから楽しい。間違いない。ここでか〜〜中盤でか〜〜〜!ってイントロで思ったのも束の間、始まった途端10人のセンターに立つ幸大くんを見て、思わずその場でゆっくりと拍手した。
 
 
10.ひと夏の…
 実は知らない曲でした。すごく盛り上がる曲で、幸大くんが暴れるみたいにのりのりでステージを駆け回っていたのがすごく印象的。楽しいよねえ〜〜〜〜〜!!!!
 
 
11.MC(きてしまった)
 全部は覚えていないのでやばかったところだけ抜粋します。
 
〜みんなめめ呼び〜
秋山「原ちゃんとめめはさぁ…」
(めめ!?とざわつく客席)
山本「え!?めめ呼びしらねーのぉ!?まじ?俺らみんなめめだけどぉ?(どや顔)」
 
〜どっち?〜
山本「あのさあ!あのさあ!ぜんっぜん関係ある話していい!!!?」
秋山「えっ、なにどっちどっち…あるのないの」
 
〜若いのふたり〜
山本「なんで俺らこんなにMCの立ち位置下がってんの…いけよぉ!若いの2人!!」
前に押し出されるはらめぐ
原「はらでーす」
目黒「めぐろでーす」
原「2人合わせて〜」
はらめぐ「原目黒でーす」
山本「誰でもできるよ今の」
 
〜圧〜
秋山「宇宙Sixさん、俺らの単独に見に来てくれなかったんすよぉ」
山本「しょーーがないじゃん!」
泣き崩れる稲葉
秋山「ほら泣いてるよ!」
江田「本当は2日目に見に行こうと思ってたんだけど、リハ入っちゃっていけなくなったの」
稲葉「いや真面目な理由すぎてさ…なんかこっちも…なんか何にも言えないんだけど…もっとふざけた理由でさ…気分のらないとか言ってくれたらなんかさ…こっちもハァ?とか言い返せるけどさ…」
松本(これまで発言しなかったのに突然)「いなば!!!ごめん、リハだった」
稲葉「あ、はぁい…」
幸大くんの圧…
 
〜敬語で煽る〜
宇宙Sixさんの単独はどう?の話題
原「いや、期待しててもらっていいと思いますよ(どや顔)」
MADE「言うねえ〜!」
秋山「ちゃんとセンターで言って」
原「おまえら!!!!期待しとけよーーーーーー!!!!!!!!!!(大声)」
松本「おまえらっていうの良くないと思う(マジトーン)」
稲葉「敬語で、敬語で」
Take2
原「あなたがた!!!!期待してて頂けませんかねえ!!!?」
斬新…
 
〜喋ってない2人〜
山本「幸大全然喋ってない!!!」
稲葉「福士も!!!」
前に出される2人、向き合う2人
松本「とりあえず…クリエお疲れ様」
福士「あ、ありがとうございます」
秋山「2人の会話なの!?」
福士「俺幸大くんこないから調子悪かったっすよ」
みんな「調子悪かったの!?調子悪いのはだめでしょ!!!」
福士「Take2。いや本当来てほしかったっす」
松本「許してよ」
福士「はい、許します(即答)」
なぜか抱き合う2人
山本「これ…なに…」
 
〜はらくんのぎもん〜
原「幸大くんって、クールキャラなんですか?」
秋山「グループ内で聞くのおかしくない??」
原「いやなんか、ステージ上だと幸大くんはクールになるって聞いてて…」
山本「そうなのか?」
林「そうなのか?」
松本「そうなのか?」
江田「そうなのか?」(客席に聞く江田ちゃん)
f:id:saladfirst:20170521232002j:image
原「でもリハ中とか裏では、『おい原ぁ!ジュース買ってこいよぉ!』って(飛び蹴りする)」
松本「ちょっと待って!ちょっと待って!当てたことはないよね?」←そこじゃない
山本「するする〜」
原「でもその隣で亮太くんが『ついでに俺のもぉ〜』って言ってくる」
 
〜はやしくんのぎもん〜
山本「大河もさっき原ちゃんの団扇持ってたよね」
秋山「あ、よしたか団扇ね」
林「あ、よしたかっていうんだ、原」
原「いまですか!!?」
 
 
 
12.コント
 
いつのまにかMCにいなかった冨岡さん。スーツにメガネで出てくる。
冨岡「はいはいはいはいみなさんはやく〜授業始まりますよ〜〜〜!はけて〜!」
♪キーンコーンカーンコーン♪
冨岡さんから都内某所の高校との設定説明あり。
冨岡「今日、ついに卒業式を迎えることとなった…。気をつけー!れーい!ちゃくりーく!!!」
 
・正義の味方は当てにならない(冨岡、稲葉、秋山、林、江田、山本、目黒)
 学ランで出てきて踊るのかわいい〜〜〜〜〜。出席とり始める冨岡さん。
 冨岡「あきやまくーん」
 秋山「いるの見ればわかんだろぉ〜?」←個人的につぼ
 それぞれヤンキーっぽく返事するメンバー。
 秋山「おい!松本さんいねーじゃねーかよ!」
 稲葉「まじかよ松本さんいねーと始まんねーよ!」
 山本「俺実は今日告白しようと思うんだよね!!!」唐突…
 みんな「俺も!」と言い出す。
 
セーラー服、金髪ハーフアップの幸大くん(というより松本さん)、学ランの原福士を従えて登場。
 原「はらよしたか(きめっきめ)」
 福士「ふくしのぶき(きめっきめ)」
 幸大原福士「with J!」
 念のため言っておくと松本さんは女です。
 
 ・小悪魔ジュリエット(松本、原、福士)
 
ま、ま、まさか人生で幸大くんの女装が見られるなんてー!!!!!!!!?
自担と女装って一番遠いところにあると思っていたしこのメンバーの中では一番やらなそうだったので思わずペンライト落とした…しかも幸大くん…現場にいるおたくみたいなちょっと上の方でちょこんと結ぶハーフアップしてやがる…!!(※参考画像)
f:id:saladfirst:20170521232019j:image
 
リボンはピンクでした。美意識高い。でもスカートが下がってきて中の衣装見えてるしなぜかスカートの下にズボンはいてる(女装への恥じらいが見える)
そしてひざをたてた原福士のひざの上にのる幸大くん(重そう)。首かしげて座るのかわいい…。
 
松本さんに次々と告白していくクラスメイト。セリフ全部覚えてないけど最後の林くんの「いや待て待て…ここは学級委員の俺が最初だろう!!」がツボでした。なんだその理屈。
 
そしてなぜか松本さんへ告白する権利を競ってハゲのかつらを遠くに飛ばそうゲームが始まる(なぜか冨岡先生が仕切る。もうだめだこの学校…)。曲中に次々と飛ばしていくメンバー。「松本さんに届け〜!」と飛ばし、松本さん、「ここまで飛ばせるかな?」みたいに手を広げて待ってるんだけど、いやそれかつらだから…届いてもかつらだから…。愛とかラブレターとかじゃなくかつらだから………。
 
かつらを前後逆にかぶってしまう江田さん、下手すぎて自分の下に落とすレベルの林くん、飛ばそうとしてるのに勢いつけすぎて自分が前に出ちゃってかつらを置いていってしまう目黒くん…カオス。
結果福士くんが圧倒的勝利を飾り、松本さんへの告白権をゲットしました(なんでかつら飛ばしたの…?しかも卒業式になにやってんだ)
 
 福士「親衛隊の立場なんですけど…(そうなんだ)…大好きでした!!!!」
 みんな「でした!!?過去形…?」
 福士「Take2(2度目)。大好きです!!!」
 松本「ごめんなさぁい。わたしぃ、松本幸大くんが好きなのぉ。あ♡幸大くんだあ♡(走って去る)」
 福士「くそ…!整形してやる……!!!!!!
 なんで!!!!!????
 
・卒業
 福士くんの「整形してやる!」で始まる名曲。
 歌いながら冨岡先生から卒業式をもらっていくメンバー。(名曲殺し)
 崩れ落ちて泣き始める原と稲葉。いやさっきまでかつらゲームしてたよこの人たち…
 冨岡「みんな、卒業おめでとう」
 
13.Love so sweet
 間違いなく盛り上がる曲で楽しかったけど、さっきまでかつらゲームしてたよね…
 
14.Daylight(宇宙Six
 大好きな曲…!!!!このえんから記憶がないです。
 
15.supersonic(MADE)
 かっっっっっっっっっっこよかった…!この曲が一番がっつり踊ってた曲な気がするんですけど本当にMADEかっこよかった…
 
16.時代
17.Take a "5" Train
18.瞳を閉じて
19.season
このへんも全然記憶がない…
最後に幸大くんが宇宙Six代表で挨拶をしたことしか覚えていない…あと最後緞帳下がる瞬間なげちゅう飛ばしてた記憶しかない…あと顔がかっこよかった記憶しかない…
 
アンコール
20.Power of the Paradise
宇宙が赤、MADEが青の大きなフラッグを持って歌う曲。みんなで旗を中央にかざしてぐるぐる回る演出があったんですけど、みんな客席の方を向いたりのりのりで体揺らしながら回っているのに、幸大くんだけ相変わらず旗の先をみて回っているところが滝沢歌舞伎みを感じました…すき…
 
21.GUTS
たのしかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっぱり一緒にダンスできる曲は楽しい。そして幸大くんのスイングがバントだったことをお知らせします。多分ね、どうしても出塁が必要だったんでしょうね。2回もやってたから多分1回目うまくいかなかったんだと思う。
 
 
 
雑さきわまりないんですけど本当に「合同」の名にふさわしい、みんなが主役でそれなのにごちゃごちゃしてないとてもよい公演でした…。
よかったことの1つが、もっとはっきり分かれると思ったんですけど、意外にも客席の反応に担当の偏りがなかったこと。もちろん数の違いはあるだろうけど、センターでキメ顔決め台詞をすれば、みんながきゃーーーってなる空間がとても心地よかったです。
2年前に合同やった時より、稲葉くんの物置C&Rとか浸透してるし反応もあって、MADEはすごく頑張ったんだなあとなぜか私が感慨深かった…。
 
とりあえず内容をお伝えしたい!のと、自分が忘れないように!の気持ちでばーーーーーって書きました。
 
改めて、宇宙Six、MADE合同クリエ、初日おめでとうございます。
幸大くん、グループメインでの公演、おめでとう。楽しかったね。楽しかったよ。嬉しいよ。よかった!とてもよかった!
 
あと1週間、けがなく、たのしく、公演が無事におわりますように!!!!

穏やかな今だからこそ書き留めていたいこと。

2016年、暮れ。

今年は色んなことがあったねと思い返す自分の心はとても穏やかです。だからその「色んなこと」をわざわざひっくり返して中身をガチャガチャ広げる必要なんて本当はないんだろうと思うのですが、それでもそんなときがあったねと、来年の自分にも思い返してほしいから、あえて書きたいと思います。

これは、私の下書きメモに残っていた荒みに荒んだ当時の感情の蓄積であり、今見返しても一つも共感できない言葉の羅列です。絶対に公開しない方が良いと分かっていたから下書き止まりだったのだけれど、穏やかな気持ちの今だからこそ、こんなこと思ってたんだ、なるほどね、と受け流してもらいたい、ちょっと過激な記録だと思います。自分と自担のことしか考えていないザ・身勝手な文章なので、何言ってんだこいつ感満載です。穏やかな気持ちの時に読んでください。

 

 

2016年11月

_____________________________

色々と、言わせてくれー!!

初めに注意書きで言うと、この1年を過ごして感覚が麻痺したんだと思う、もう怖いものなんてなくて、結構言いたいことをズバズバ言ってしまうと思います。
わたしは誰も嫌いじゃないし、誰も悪くはないと思ってるけど、でも腹が立つもんは立つんだ!っていう、個人への批判ともとれるような発言をしてしまうかもしれないです。不快にさせてしまったらごめんなさい。ただの愚痴なのでおすすめはしないんですけど、でも、1年間、色々と思うところがあったから、だから、とりあえず、とりあえず言わせてください!!!

 

まず、2016年。すっごい孤独でした。

なんでお前が孤独感じてんだよってツッコミはごもっともなのですが、とにかくずーーーーーっと孤独でした。

歌舞伎が発表されて、出演者に名前はない。ああ、嵐か、なんて思って、まあそれは外れたんだからしょうがない。そのうちクリエが発表されて、周りは歌舞伎と並行で浮き足立っていて。この頃から、「いいなあ」って他人を羨む心は捨てました。無、とにかく無。じゃないとTwitter開く度に、心がポッキリ折れてしまいそうだったから。

 

いろんな人にとって、飛躍の年だったように思う。
私は特に林くんの現場には必ず足を運んでいたからかもしれないけれど、みんな今までとは違ったお仕事に挑戦していて、幸大くんがかつていた世界の人たちは、前よりもずっとずっときらきらして見えました。

それが、正直すごくショックだった。幸大くんがいなくても、確実に進んでいく世界。
この世界はそういうもんだよって言われればそれまでだけど、必要ないと言われたようでとても苦しかった。

ショックの連続すぎて、もうなにがショックだったのかも全然わかんないんですけども。じゃあ何が与えられれば満足したのか?仕事か?居場所か?今となっては全くわからない。


去年末から一緒に活動し始めたMADEが、幸大くんが果たせなかったクリエ単独公演を成功したことも、その一つだと思います。
MADEが単独決まった時、素直に嬉しくて、その気持ちに嘘はなかったです。じゃあそこに幸大くんがいれば納得したのか?MADEに入れて欲しかったのか?って言われたら違う気がするし、別にMADEのせいじゃないし、MADEにも頑張って欲しいし、でもだからと言っていい子なままその状態を受け入れられるわけもなかった。この間まで、一緒に雑誌に載ったのに…。そんなやさぐれた心を持つことを止めることなんてできなくて。正直、幸大くんが見学にいかなくて良かったなと思いました。Theyクリエも近かったから仕事があったのかもしれないし、予定が合わなかっただけかもしれないけれど、私が幸大くんの立場だったら、行けなかっただろうなって思う。

幸大くんが見学にいなかったことが、私の中で自分の黒い気持ちを許容できたきっかけだったようにも思います。よくも、悪くも。

 

嵐のツアーが終わって、林くんは個人で舞台が決まり、山本くんと江田くんとMADEはえび座への出演が決まりました。この時が、1番しんどかったかな…。正直そこにいない意味がわからなかったし、そこにいないことが当たり前になっている世界を少し感じて、もう幸大くんのことを考えるのも辛かった。TLの楽しそうな話題に、初めて目を瞑った。

 

初めて宇宙Sixのことを聞いた時。幸大担なら嬉しいんじゃないか?と言われたけれども、やっぱり動揺は凄かったです。

正直最初の感想は、なんで、いま?なんで、そのかたち?って、疑問がたくさんあった。(きっとThey担の方はもっとそうでしょうね)
池田くんがいた時期は、They武道と”MAD”が一緒に活動する未来が見たいと思っていました。でも、ぜいにはぜいなりにベストな時期があって、それが叶わなかったのはしょうがないし、でも、じゃあなんで、今なの?それが、本当にベストだと思ったのか?単純に疑問で。
ベストだと思って組まれたチームなのか、正直私には納得がいかなくて、ただ単に私のエゴなんだけど、それはわかってるけど。でも、幸大くんがどんな気持ちでぜいクリエに出たいって自ら言ったのかとか、考えれば考えるほどグループを愛せるのか、自問自答の日々でした。

もちろんThey担の方の反応は予想通りだったし、3人の空気を守ってほしかった人たちにとっては受け入れられない現実だと分かっていました。これは、幸大くんが1人になったその日から感じていたこと。

 
They武道がすきだ、幸大くんがすきだ。だからといって、その3人と1人がいるグループをそのまま受け入れられるわけじゃないんだ、と実感した瞬間でした。それははらめぐがいるからっていうのは全然関係なくて、たぶんはらめぐがいなくてこの4人でって言われても、同じ気持ちになったと思う。
でも、「これから先応援できません。」そんなことを言いたいんじゃなくて、わたしはこのかたちがベストだと思って、これから高め合っていいグループにしていこうとしているんだったら、全力で愛して愛して行きたいと思う。最初は難しいかもしれないけど、幸大くんは愛したいし、だから幸大くんのいるグループは愛していきたいから。でもそれが、ベストという形ではなくって、寄りかかるだけの場所なんだったら、それは嫌だ、それが今の感情です。幸大くんのことはずっと好きだし、もちろん他のメンバーのことだって大好きだから、だからこそ、愛せるグループとして、最高にベストなメンバーが集まった、と胸を張って言い切れるものをつくっていってほしいな。早く、宇宙Sixが、大好きで大好きでこの6人じゃなきゃいけないと思えるような尊いグループになりますように。

_____________________________

 

 

こんな感情を書き留めてから1ヶ月と少し。

もうこんな気持ち、共感できないくらいに穏やかな人間になりました(笑)

 

誤解を招きたくないので言いますが、この当時も、グループに入れさせてもらえたことには感謝しかありませんでした。1人になった途端、やっぱり突きつけられる仕事のない現実は想像以上にしんどかったから。ぜいが新しい形に進もうとした時に、幸大くんを選んでくれてありがとうという気持ちは、これからも変わらず持ち続けて行くと思います。

でも、「混ぜてもらった」「混ぜてあげた」の感情を早く捨てたくて、「They武道と、他の人」という線引きを早く取っ払いたくて、じゃないとグループを愛せないんじゃないかと、焦っていたんだと思います。

 

現場って、嘘つかないものですよね。本当に。

私はこの文章を書いた1週間後に嵐のコンサートに行って宇宙Sixをこの目で見ることができました。

Oh,Yeah!で宇宙Sixが6人同じ色の衣装で花道に並んで踊るのを見た時、それまで抱えていた暗い気持ちに反して、わくわくするのを感じました。


自担がグループに属するって、いいことばかりじゃないと思う。それが壊れた時の怖さを知ってるし、グループを愛せなかったら、幸大くんも応援できなくなるんじゃないかと思ったから。

でも、二宮くんのソロ。東京ドームの広いステージの上で感じる確かな「静寂」の中に立っている6人を見て、この先の未来に希望を感じた事を、この先ずっと忘れたくないなと思いました。

 


きっと私たちには見えないところで、幸大くんや、他のメンバーは、葛藤や苦しみの中で生きた1年だったと思います。幾度となく交わされたであろう話し合いは、穏やかなものだけではなかったと思う。お互いに納得しない部分も、まだあるかもしれません。

それでも、今もステージに立つことを選んでくれてありがとう。苦しい年を乗り越えたからこそ、来年がとても楽しみだし、来年が楽しみと思いながら年を越せることが幸せでなりません。

 

どんなグループになるのかな、宇宙Six。

まだまだ乗り越えるべき課題はたくさんあるけれど、私の中で「大好きで大好きでこの6人じゃなきゃいけないと思えるような尊いグループ」に、1日でも早くなってほしいなと、願う2016年の最終日なのでした。

 

おわり。

 

"MAD"の単独クリエ公演を頭の中でプロデュースしてみた

明日は会社の資格試験だというのに、帰宅してからこんな時間までずっとyoutubeを見ていました。というのも、何気なく見ていたaskに寄せられていた5か月前のこんな質問が目に入ったからです。

 

"MAD"の単独コンサートが開催決定したとして、どんなコンサートにしますか?

セトリやコンセプト、衣装やソロコーナーなども考えてみてください!

 

なにこれ楽しそう…!

思えば池田くんが辞めてしまってから、この質問はもう答えることはないのだろうなと心の奥底にしまっていたお題でした。

でも、今年は幸大くんのクリエもないし。見たかったのなら、頭の中で上演しちゃえばいいのでは!?

ということでアホみたいによりによってこんな日にyoutubeでジャニーズの曲を漁っていたわけです。自分がテスト前日に部屋の掃除を始めちゃうタイプだと改めて実感しております。思い立ったらすぐ行動、が長所です(※ただしジャニーズに限る)。

 

<セットリスト>

Break the wall/V6

イントロのリズム(デッデッデ♪)に乗って、降りている白幕に何色もの照明が照らされる。

Break the wall!(白幕に映る2人の影)→暗闇→Break the wall!さぁ皆(白幕に映る2人の影)→暗闇…って感じで、毎回ポージング変えてたらかっこいい。最後のBreak it!のタイミングで降りる幕。もっくもくに炊いたスモークの中に現れる2人。Welcom 2 da future~♪からはスモークの中でステージ側から照明当たって逆光で顔がよく見えない状態で踊ってほしい。「V6!」のところは「"MAD"!」に替えて歌ってくださいありがとうございます。オープニング曲なのでワンフレーズで終わりです。SPのBGMのあとの一番最後のBreak it!で音楽が切れるとともに照らされるいけこた。かっこいい…。衣装はギラッギラで片方の肩に羽みたいなのがついたザ・ジャニーズのやつでお願いします。色は黒か赤がいいな。

 

1.Face Down/嵐

オープニングからすぐにこの曲です。がっつがつに踊ってほしい。

 

2.supernova/V6

「余計なこと考えず just wanna dance dance dance」でやっと無表情でクールだった幸大くんが舌なめずりキメ顔します。オープニングからぶっ続けてここまでゴッリゴリに踊ってください。

 

3.GOLD/KAT-TUN

最初のmake it world wide♪まで歌ったら「いーくーぞーーー!!」ってめちゃくちゃに力強い声で煽ってほしい。バックのジュニアがこの曲から出てきてがっつり踊ってくれます。2人は激しいフリはなくただただひたすら客席煽ってかっこいいターン。この曲は間奏までかっこいいから間奏を使っていけたんとバッグによるアクロとかアクセントダンス的なのを挟んでほしい。

 

4.挨拶

「どうも松本幸大でーす!みんな声出てますかー!?声出せますかー!?」「池田優です!最後までいけますかー!?」みたいな簡単な挨拶と煽り。はあかっこいい…。挨拶後はザ・ジャニーズなジャケットをその場で脱いでちょっとした衣装チェンジ。ジャケットは袖に投げます。荒々しくお願いします。「オッケー!最後までよろしくー!」に声に被せ気味で、次はこの曲いっちゃいます。

 

5.ワイルドアットハート/嵐

そりゃもちろんスタンドマイク必須ダヨネ!!!煽りからのこのテンション上がる曲…!最高かよ!!!まあこれ自分で考えてるんですけど!すごい自己満足っす!でもまだ言いたい!!!最高かよ!!!!!

 

6.T&T/タッキー&翼

「タッキー!」のところは「池ちゃん!」、「翼!」のところは「幸大!」ってコールしたい。いけこた用にちゃんと歌詞も変えます。楽しいやつ。メンバー紹介のやつ。おたくが大好きなやつ。

 

7.渚のお姉サマー/NEWS

かわいい!!楽しい!!!大好き!!!!!!曲の最後で幸大くんが抜けてソロ用に衣装チェンジします。

 

8.Anniversary/Kinki Kids(幸大ソロ)

序盤でキメに来たーーーーーーーー!!!もうこれはシンプルに白いシャツにパンツ、装飾は一切なしの格好で歌い上げてほしい…幸大くん自身が宝石だよっつって…

 

9.秘密/二宮和也(池田ソロ)

こんなんかわいいに決まってるじゃん!?大きい抱き枕もってパジャマみたいなだぼっとしたパーカにチェックのこれまたパジャマみたいにだぼっとしたパンツ着た池田くんが、またまたパジャマ着たバックジュニアつけてしぬほどかわいく踊ります。天界…???

 

10.CloveR/関ジャニ∞

ちょっとストーリー性のある小芝居しながら歌ってほしい一曲。コスプレとかどうですか?学生服とか。お医者さんとか。それかバックジュニア巻き込んで朝の家族の一コマを再現するとか。幸大くんお父さん(スーツ)、池田くんお母さんの格好で合流(エプロン)、パンかじったりネクタイ結んでもらったりするフリをしながらサビはみんなで踊る。絶対かわいいやつ〜〜〜〜

 

<MC>

いけこたくらいになるとコスプレのままする。なんならリビングのセットのダイニングテーブルと椅子に腰掛けて喋る。バラエティ番組見てる気分。

 

11.YOU/KAT-TUN

軽やかなダンスでゆるく踊ってほしいです。衣装も軽めに。シャツに細ネクタイとかで。

 

12.パリピメドレー(恋のABO/NEWS→ファンタスティポ/トラジハイジ)

ふわっふわの首にまくファーとかハイビスカスのネックレスとかパーティーグッズつけて思いっきりポップに!hey,A!hey,B!をみんなで声出して言いたいし指差し合ういけこたが見たかった。

  

13.愛なんだ/V6

まど担大好き愛なんだ。ラストかアンコールに持っていきたいくらいですが、やっぱり楽しい曲をここで挟みたいので歌って踊ってもらいます。なんならプレゾンのあの衣装でもう1回やってほしいですね。

 

14.key of life/中丸雄一(池田ソロ)

池田くんのソロ曲2曲目はおしゃれなこの曲で。爽やかでおしゃれでかつクールなこの曲が池田くんには絶対似合うと思うのです…。動きやすいスポーティなスウェットでもかっこいいしジャニーズっぽいキラキラがついてるスーツでもかっこいい…。

 

15.欲望のレイン/Kinki Kids

定番曲。2人がやらないで誰がやる。赤スーツとかいいですね。照明も赤っぽい感じで妖艶に踊ってほしい。

 

16.cHocoレート/横山裕(幸大ソロ)

本領発揮キターーーー!!!これは!!幸大くんでしょう!!!?ケンティーのCANDYと並んで幸大くんに歌ってほしい曲です。最後の最後までその2択で迷いました。カラフルなハットとか被って歌ってほしい一曲。それかカジュアルなフードパーカ、カラフルスニーカーでもかわいいかもしれない…。泣いてた♪で首かしげる幸大くん1000000点。

 

17.Fire beat/Kis-my-Ft2

ここに来てガッツリ頭をぶんっっぶん回すいけこたは見たいですよね?見たくない人いる?ぎっらぎらのロング丈の衣装きてほしい。重そうなやつ。

 

<MC②>

「2人だと出ずっぱりだから疲れるよね」ってどっちかが気づく。

 

18.キッス〜帰り道のラブソング〜/テゴマス

しっとりハモってください。ステージで向き合ういけこた。目を合わせてハモるいけこた。ここからはショート丈の王子様ナポレオンジャケットとかしっかりアイドルの衣装を着てほしいです。

 

19.愛はタカラモノタッキー&翼

名曲で終盤感を出してみました。このあたりから「やだ〜〜〜終わりそう〜〜〜〜やだ〜〜〜〜〜」ってオタクがなるやつ。

 

20.嵐メドレー(サクラ咲け→Oh yeah!→ハダシの未来)

最後にここで打ち上がります。嵐のこの辺の曲って明るいのに終盤感があるのなんなんでしょうね。楽しいのに寂しい。Oh yeahはペンライト振り回したいしハダシは一緒に踊りたい。

 

21.挨拶

最後の挨拶です。一人ずつちょっと長めに。挨拶中運ばれてくるアコギと椅子と手で叩く太鼓(なんていうんですかねあの楽器)。

 

22.Heavenly Psycho/関ジャニ∞

せっかく去年ギターの練習したのですから、幸大くんがアコギ、池たん手で叩く太鼓、で弾き語りしてもらいます。錦戸の亮ちゃんが前弾き語りしてて、そのバージョンもいいなあと思ったので…ぜひに…

 

23.素晴らしき世界/嵐

ラストの曲はこれ。言わずもがなの名曲でしめます。

 

<アンコール>

1.REAL DX/タッキー&翼

こ、ここできたかーーー!テンションをアンコール1曲目からぶち上げていくやつ。バックつけてみんなで踊ります。アンコールの衣装はいけこたおなじみの黒ジャケット。赤の装飾がついているやつ。いけこたって感じで締めましょう。

 

2.愛を叫べ/嵐

楽しさMAX。ここで1回公演が終わる寂しさを忘れる。

 

3.Feel your Breeze/V6

そしてすぐに思い出す。なんかいけこたにこの曲を歌われたら泣く気がするんですよね…。ああ、アイドルだなあって…。

 

4.PIKA★★NCHI DOUBLE/嵐

個人的にいけこたのテーマ曲なので最後に持ってきてみました。アウトロで上を見上げてちょっとうるってきてる2人が見たい。きらっきらの目の2人に、ばいばーい!って言われて手を振り返したい。クリエのステージの階段をおりて姿が見えなくなってしまっても、ずーっと手を振っていたい。

 

 

というわけで数時間かけて曲を考えたわりにアウトプット(コメント)が雑っていう残念な結果となりましたがとてもとても楽しかったです。今年クリエなくてもなんとなくクリエでいけこたみたような気持ちになれました。オタクって低燃費。

もう見ることができない2人のステージだけど、なんだか今日はいい夢が見られそうです。

拝啓、松本幸大様

暖冬とは言えども、吹く風が冷たい今日この頃、お変わりないでしょうか。

私は1年という月日の早さに驚いています。

予想だにしなかった休日出勤を終えた帰り道、小さなケーキに名前を入れてもらったあの日から1年が経っただなんて、信じられません。決して高価ではないどこにでもあるケーキだったけれど、冷蔵庫に入れる直前に落として潰れてしまったあの日の悲しさは昨日のことのように思い出されます。食べる直前にロウソクに灯す火がないと気づき、火起こしの技術を磨こうと決意したあの日から365日。今年はマッチを手に入れたので向かうところ敵なしです。

応援しているだけの赤の他人の私がこんなにも早く感じるのだから、幸大くんにとってはもっとあっという間の1年だったのでしょうね。

 

青山劇場のステージでたくさんの人にお祝いされて、極寒の中毎日あの坂を登って、あっという間に千秋楽で、びっくりサプライズのペンライトに涙して、泣いてないなんて強がって。余韻に浸っていたらあっという間に次の仕事の稽古が始まって、今年はシンガポール公演があるぞなんて発表されて、今度は歌舞伎の幕が開いて、新橋演舞場に毎日通って、公演をこなしながらもギターの練習をして、念願のメインのクリエのステージに立って。落ち着く間もなくNEWS東京ドームのために振り入れて、人生で2回目のラジオに出て、やっと一息ついたと思ったら今度はシンガポール公演に向けた稽古で、初めての海外での歌舞伎公演で、食事に気をつけながら毎日を過ごして、気が付いたらもう夏は終わっていて。雑誌の仕事をして、舞台の見学もして、秋が来て、池田くんが事務所を去ってしまって、一人になってしまって。気が付いたらもう嵐で、空気はもう冷たくて、いつの間にか冬で。また、年を越して、今日になる。

 

私がステージに立つ幸大くんを見ていない時も、幸大くんは仕事をしている。嫌なこと、嫌な人、どうしようもなく仕事に行きたくないとき、あるんだろうなあと想像してみる。アイドルって、尊いなあ。そう思わざるを得ないのです。

もちろん幸大くんが特別誰かより大変だとか言っているわけでもないし、私の仕事だってそれなりに大変だと思っているし、誰かと比べたらきりがないのだけれど、でもいつも笑顔でかっこいいところを見せてくれる幸大くんを、尊いなあと思うのです。

私は幸大くんに絶対的な信頼を寄せています。見にいけば必ず元気をくれるから。そりゃ自分の好きなアイドルなんだからそうだろうと言われればそれまでなんですけど、それでもやっぱり幸大くんは特別だと思うのです。言わせてください、今日くらい。

 

一度だけ、それほど強くて誇らしい幸大くんを信じられない時がありました。1人きりになってステージに登る幸大くんの未来を信じられなかった。でも、そんな自分が馬鹿だったなあと思えるくらいに幸大くんは強く強く前を見て生きていて、その背中に、何度も元気付けられた1年でした。

去年の幸大くんの誕生日、私はこんなことを言っていました。

私は幸大くんにどうなってほしいのかな。正直わからないです。わからないっていうか、言うのが怖い。誰でも大きな夢を見ることはできるけどさ、口に出すのって怖いじゃないですか。
だから、がんばって、としか言えないし、がんばるのが正解なのかもわからないままだけど、でもあの時思った「この人をセンターに立たせたい」っていう気持ちは、今でも色褪せていないです。
なんて馬鹿なんだろう…(ドン引き)
もちろんこの気持ち、今でもわからなくはないのだけれど。でももう今は怖くないです。
 
頑張って!頑張るのは、正解です!大正解!

大きな夢を見て、全部全部発信して、それをぜーんぶ、叶えていこうじゃないの。幸大くんなら、それができるって信じてるから、もう何も怖くないです。だから、頑張って!ていうか、頑張ろう!ピッチャーびびってる!ヘイヘイヘイ!

幸大くんは、すごく強い。私もそうなりたいと思う。

26歳の幸大くんは、私のヒーローでした。そして、27歳の幸大くんも、ずっとずっと私のヒーローでいてくれるって、信じています。

 

幸大くんにとって、幸福に満ちた1年となりますように。心から願っています。

 

敬具

いつまでも輝いて、アルタイルとベガ

お久しぶりです。

1ヶ月間、ろくにTwitterにも現れず、うんともすんとも言わず、何をしていたの?オタ卒?担降り?と様々な憶測が、まあ飛び交っていなかったとは思いますが、とにもかくにも、生きております。なつです。
仲良くしていただいた方には、ご心配をおかけしてしまいましたことをこの場でお詫びしたいと思います。私は元気です。
 
1ヶ月間、何をしていたのかというと、リンカーンの運動会スペシャルを1人で熱くなって応援したり、LINEポコポコの占いが3日連続で凶だったり、左足の靴擦れがひどかったり、それなりの日々を過ごしておりました。仕事がめちゃくちゃ忙しかったのが不幸中の幸いで、おかげで余計なことを考えずに済みました。

なぜ1ヶ月間、口を閉ざしたままだったのか、簡単にいうと、何を言えばいいのかわからなかったからです。
もちろん大きなショックを受けましたし、悲しい気持ちは尽きないのですが、ただただ、何を言ったらいいのか、言葉が見つからなかったのが正直なところです。何を言っても相応しくない気がして、書いては消してを繰り返していました。あの時は多分、情緒不安定だったんだと思います。
 
でも、そろそろ自分の気持ちと向き合いたいなと思いまして、正直に、あの日思ったこと、あの日から考えていることをつらつらと書いて見たいと思います。
ご留意いただきたいのが、これから書くことは本当に言いたいことを言っているだけなので、一部の方は不快に思うかもしれません。綺麗な言葉でまとめることはできないので、読みづらい文章になってしまうかと思います。お付き合いください。
(相当長いです。バイトや仕事の休憩中や寝る前には絶対見ないでください。貴重な時間が潰れます。) 
 
 
 
 ◆
 
10月9日。
 
朝目が覚めて、深夜にたまっていた友人たちからのLINEに一通り目を通した時は、やけに冷静でした。
 
すっと体温が下がったのを感じましたが、一言も発さず、黙々と準備をして、電車に乗って、なんで私は今日も仕事に行かなくてはならないんだろうと頭の片隅では考えながらも、そんな日に限ってぎゅぎゅっと詰まった重要なスケジュールを淡々とこなしていきました。
この時は、まだ信じていませんでした。何が起きたのかわからない、いわば放心状態で、無意識に自分の思考を停止していたんだと思います。でも、心はずっとざわざわとしていて、大事な提案も、重要な会議も、そつなくこなした自分がいたのに、全部虚しかったのを覚えています。
 
その日はたまたま山本担の友人と会う約束をしていました。仕事を終えて、待ち合わせ場所で合流した彼女に咄嗟に言った「終わった」というひとことで、やっと現実がじわじわと這い上がってくるのを感じました。
 
終わったんです。何が始まって、何が終わったのかはよくわからないけれど。その日、私の中で何かが終わりました。自分がなのか、”MAD”がなのか、池田優のジャニーズ人生なのか。全部だったかもしれないし、そうじゃないかもしれないけれど、とにかくその時、ああ、終わったんだなと思いました。少なくとも、楽しい日々は、終わってしまいました。”MAD”2人の未来を夢見る時間は、終わってしまったんです。悲しいより、寂しいより、「終わった」という絶望が、まず最初にありました。
 
 
 
 
帰宅して、すぐにいつも仲良くしているひとたちに電話をしました。絶望、喪失感の次にやってきたとある感情がありました。真っ先に電話に出た渡辺担にぶつけた言葉が、その感情のリアルでした。
 

”池田くんのことは、なんで?っていう疑問しかない。まだ本当のことだと思えない。でも、一番どうしたらいいのかわからないことは、幸大くんのこと。残された幸大くんの未来が明るいものだとは思えない。例えばいろんなグループのファンから、来ないでほしいと思われることが本当に悲しくて、辛くて、もうほんっっとうに嫌で。そんな世界滅べばいいと思ってる。1人で頑張るとしても、これからの幸大くんのこと、前向きに応援できない。頑張ってって言えない。この環境も、この環境で頑張る幸大くんも見たくない。未来が明るいものだと思えない自分が嫌だ。もう、どうしたらいいんですかね?”

泣きそうだったので、なんて言ったかよく覚えていないけれど、言いたいことは大体こんな感じだったような気がします。
 
池田くんのことを朝聞いた時は、絶望しかなくって、自担の未来を心配する余裕なんてなかった。
でも、2人組のグループの1人がいなくなるということ。そこに必ずつきまとうのは、「残された方の未来」。

仕方のないことだけれど、幸大くんの今後を語る言葉はどこにいっても目に入ってきました。

今は池田くんが去った悲しさだけに向き合っていたいのに、幸大くんがどうなるのか、ここに入れたらいいんじゃないかという意見を目にする度、そんな話聞きたくないと思いました。でもそう思いながらも、どうしても考えてしまう自分もいました。
 
そして私の投げやりな感情に火をつけたのは、自分の応援しているグループに来てほしくないといった意見があったことでした。
 
しょうがないんです。今あるグループには今ある空気があるから。本人もファンも、そこに新しい風を吹かせることは、簡単に受け入れられないことだとわかっているんです。

それでも、大好きな人が少しでも拒否される世界がまるごと嫌でしょうがなかった。たとえごく一部の意見だとしても嫌だった。
そして、そんなことを考えれば考えるほど、まるで池田くんが辞めたことを責めているようで、この状況と自分に嫌悪感しか抱かなくなりました。
 
全部が気持ち悪かった。事務所の対応の理不尽さを嘆くツイートも、ジュニアってこういうものだからと開き直る意見も、明日は我が身だと自担に想いを馳せるつぶやきも、なんだかんだすぐに日常に戻るTLも、えび座に見学に行く林くんも、それをいじるA.B.C-Zも、全部全部嫌だった。毎日、ふざけんな!って怒っていました。

気分を悪くさせてしまったら申し訳ないのですが、誰も、何も悪くないってことは分かっているんです。しょうがないんです。わかってはいるんですけど、あの時は、全部消えてしまえと思っていました。本当に何もかも嫌だった。そんな心の狭い自分が一番嫌でした。
 
 
これが、私が池田くんがジャニーズ事務所を去ってしまったことに対して、口を閉ざした理由の1つです。
全てが嫌になりました。きっとあの時は何を言ってもひねくれた言葉しか出てこなかったと思う。論理的じゃない不平不満をひたすら愚痴って、池田くんのことへの悲しさに向き合えずに終わっていたと思います。
 
 
 
 
もう1つの理由は、池田くんと池田担の方への申し訳なさでした。
私は、何もいう資格がないからです。
 
正直に言います。私は、現場で池田くんの顔をきちんと見たことがありません。
 
池田くんのパフォーマンス、アクロバット、表情やファンサービス、ダンスを、ほとんどしっかりと生で見たことがないんです。だって、いつだって池田くんは、幸大くんの反対側にいたから。そこに池田くんがいることは分かっていても、しっかりとピントを合わせたことは、数えるくらいしかなかったんです。
 
知らないんです、池田くんのこと。かっこいい、かわいい、優しい、そんなことは誰だって知ってる。もちろんDVDで動く池田くんを見たことはある。でも、知らないんです。思い出を語れるほど、池田くんのこと、深く知らないんです。
 
そんな私が、池田くんの良いところに感謝して、あんなところが好きだったとか、こんなところが良いところだったとか、あの時あんなに頑張っていただとか、そんなこと言ってなんになるんだろう。池田担の方からしたら、今更なんなんだって思うと思うんです。私が池田担だったらそう感じると思う。
 
池田くんは、もういない。ジャニショの池田くんの写真を買いに行った時に、虚しさを感じた理由はこれです。
今更もっとこうしておけばよかったと考えても、池田くんはジャニーズ事務所にいない。池田くんの良いところを真正面から受け取ってこなかったのに、今更惜しむだなんて、申し訳なかった。どんな言葉も薄っぺらく感じて、発言することが怖くなりました。私の発する「ありがとう」も「がんばって」も、誰かを傷つけてしまう気がしました。そんなこと、今は言う資格がないな、と思ったんです。
 
 
9日の夜、滝沢歌舞伎の夢を見ました。殺陣のシーンで、向かってくる幸大くんやジュニアを次々と切り倒していくのだけれど、どうしても、池田くんがいたかどうか思い出せませんでした。夢でさえも、池田くんの殺陣をこの目で見ることはできないままでした。すごく悲しくて、目が覚めてぼろぼろ泣きました。もう、舞台を観に行っても、コンサートに行っても、池田くんのジャニーズとしてのパフォーマンスは、二度と見ることができないのです。
 
 
 
 
時間は今日の出来事に進みます。
11月7日。
気持ちの整理がつかないまま、嵐の名古屋公演に行ってきました。
正直なところ騒動があってからは、自担を応援するという行為にもちょっとした抵抗が生まれてしまって、名古屋になんか行きたくない!と思っていたのですが(幸大くんの扱いがどうなるのか怖かったのも正直あります)、行かなきゃ何も変わらないよね、と言い聞かせて行って参りました。
 
目に入ってきた初日のレポは、本当の事言うと私の見たくなかった世界でしかありませんでした。
一番恐れていた紹介の仕方。きっとどの形でも納得なんてしなかったんでしょうけど、でも池田くんがいなくて1人になってしまった幸大くんという現実を一番表す言葉でした。

レポを見た時は、入ったら泣くんだろうなぁ、と思っていました。悲しくて、悔しくて、嫌で、泣くんだろうなぁと。
でも、泣けなかった。

ステージにいた幸大くんは、良い意味で淡々と仕事をしていました。私にはそんな幸大くんからちょっとだけ物悲しさを感じましたが、きっとそれはこちら側の受け取り方次第なんでしょう。
幸大くんはちゃんとアイドルしてた。いつも通り。いつもと違ったのは、幸大くんから少し視線をずらしても、反対側を探してみても、池田くんがいないっていうこと。滝翼の衣装を着た演出は、きっと今までなら稲葉くんではなくて池田くんが青いファーのついた衣装を着ていたんだろうと想像してしまうこと。そしてその事実にぴったりとくっついて離れない、寂しさ。

2人組って、正直最初はあんまりしっくり来ていなかった。
幸大くんも池田くんも大好きだけど、グループとはちょっと違うし、いけこたそんなに仲良くないし。個人個人では大好きだけど、ユニットとしての”MAD”は、自分の中でそこまでかっちりハマるものではないと思ってた。
 
でも、全然違ったんです。大好きだったんです。
2人で力強く握ってから高く高く挙げる手とか、タイミングがぴったりになってきたお辞儀とか、全然趣味が合わなそうなファッションとか、毎回幸大くんが意味わからない感じになってそれを半笑いで見守る池田くんが映る見所チェックの映像とか。
名古屋で笑顔で踊る幸大くんの隣にいる池田くんが、全部想像できた。ピントが合わなかったはずの池田くんが、私の頭の中で踊ってた。そして、その全部が、もう戻ってこない。もう、この先ずっと、見ることはできない。その悲しさが全部ぶわーっとこみ上げてきて、嵐のペンライトの綺麗な演出を、ぼーっと見上げることしかできませんでした。
 
ちくしょー、大好きだったんだよ、”MAD”。ずっとずっと2人を見られると思ってたんだよ、バカヤロー!
 
終わりがあるって分かっていたはずだったのに、分かったつもりで全然わかっていなかった。
悔しくて、悲しくて、寂しくて、でも、それでも輝き続けていた幸大くんを見て、すごく嬉しかった。一緒に頑張っていこうねって思えた。今まで自分の中でぐるぐる回っていたぐっちゃぐちゃの感情が、「それでも幸大くんが好きだな」っていう、シンプルなものにまとまったのを感じました。
 
 
 
不思議なことに、あんなにも何もかも嫌でしょうがなかった、所謂「触るものみな傷つけるジャックナイフ状態」だった時も、池田くんに対して腹が立ったり、嫌だという感情を抱いたことは1度もありませんでした。全ての起因となった人なのに、そういう感情は一切湧いてこないのです。
 
今はただ、ただただ寂しい。
そして、新たな一歩を踏み出した池田くんが、ちょっとだけ羨ましい。
 
私は池田くんのことを深くは知らないけれど、いつも幸大くんから一歩下がって「はい」と頷いていた優しい池田くんが、先陣をきってジャニーズとしての人生を卒業することを決めたのなら、それはきっと大きくて、前を向いて歩ける人生の始まりなのでしょう。そう思いたい。どうか思わせて欲しい。

先日、天文台に行く機会がありました。
満点の星空の美しさに思わず涙したのですが(隣の姉夫婦は爆睡)、天の川を挟んで輝く一等星、アルタイルとベガの説明を聞きながら思ったのは、ああ、幸大くんと池田くんみたいだ、と。(オタクってすぐこういうことしたがる)
織姫と彦星だなんてうまく言ったものですが、実際に輝く2つの星は、近づくことも、遠ざかることもない。つかず、離れず、周りの星よりも強く輝き続ける2つの星は、私にはこれからは別々の道を歩み始める2人のように見えました。
 
ジャニーズとしてステージの上に立ち続ける幸大くんも、それを辞める決心をした池田くんも、きっとこれから同じように、お互い負けないくらいに、輝き続けるんだろうなと思ったら、黒くてどろどろとした寂しさが、溶けてなくなったような、そんな気がしました。
 

池田くん。
幸大くんは1人だけど、相変わらずアイドルっぷりに磨きをかけています。池田くんがいないのは悲しいけれど、私は幸大くんのこと、この先ちゃんと応援できそうです。
”MAD”は、池田優と松本幸大が守った最高のグループでした。2人でいた時にそれに気付けなくて本当にごめんなさい。2人はもしかしたらビジネスパートナーにすぎなかったかもしれないけれど、2人並んで輝く瞬間を見ることが出来て、私は幸せです。
これからは、池田くんの分まで幸大くんのアイドルっぷりを見守っていくので、池田くんも、どうかどうか、この先ずっと、これまでの人生よりももっと幸せな時間を過ごせますように。そしていつか、幸大くんと池田くんが、笑顔でお互いのサイコーに幸せな近況を話す日が来ることを、ずっと願っています。がんばれ。がんばれよ!!!

 
 
最後に
 
放心状態の私と飲んで元気をくれた山本担、
荒れに荒れた私の電話に付き合ってくれたお風呂上がりの岩本担、
全部全部嫌だふざけんな状態の私を理解してくれて一緒に怒ってくれた福士担、
私の情緒不安定な話と100回以上のため息にずっとずっと寄り添ってくれた渡辺担、
赤の他人の私にaskを通して励ましのメッセージをくれた方々、
 
本当にありがとうございました。まるで私が幸大くんになったかのような励まされっぷりで、本当に元気をもらいました。
 

1人きりになった幸大くん。これからまだいろいろと苦難はあるだろうし、その度にまたしょげたり愚痴をこぼすことがあるかと思いますが、今後とも何卒宜しくお願い致します。

おわり。

とあるジャニオタの1日

せっかくはてなブログというジャニオタ的ハイパーいい感じコンテンツを使っているのに全く有効活用できていないなと思ったので、どうやら流行っているらしい表題の件でブログを書いてみようと思います。

全然興味ないとは思うんですけど。私自身他人にあまり深く興味がないので、興味ないだろうなーって思いながら書いてます。単純に暇だった。読んでくださっている方もさぞかし暇だろうと思う。

 

 

<平日編>

 

7:45〜8:45 起床・朝の準備

起きたら大体もこずキッチン。通勤時間に耐えられず都内に引っ越したので、結構ギリギリまで寝ています。自分でも嫌になるのですが、本当に寝起きが悪いので、7時から2〜3分おきに目覚ましをかけているのに大体7:45まで粘ります。ひどい時は8:10くらいまでベッドでうだうだしている。起き上がる時は「よっしゃー!」と言います。じゃないと起きられない。ごはんは起きる時間と気分によって食べる時と食べない時があります。15分間シャワー、テレビ見ながらメイクと髪をセットするのに20分〜30分くらい。結構無駄な時間が多い。急ぐのが嫌いなのでバタバタ準備することはあまりないです。余った時間は音楽聴きながら鏡に映る自分を5分くらい真顔でガン見してたこととかありました。朝の自分はちょっと怖いです。

 

8:45〜9:25 通勤時間

職場の駅まで電車では20分くらい。電車の中では音楽を聴きながらTwitterをチェックします。ターミナルなので朝は激混み必至。コンビニに寄って飲み物や、食べてない時は朝ごはんを買います。始業時間は9:30なのですが、会社の管理が厳しく早く出社できないようになっているので、結構ギリギリに到着します。

 

9:30〜12:00 仕事

「おなかすいたな」とつぶやきながら仕事をします。おなかすいたキャラが定着しているので11時くらいになると先輩がおやつをくれたりします。嫌なことがあっても全部ジャニーズに変換すると大抵のことは許せます。

 

12:00〜13:00 お昼

お昼の時間はずらせるのですが大体このくらい。ビジネス街なので外食は混むため、社内食堂に行くのが習慣です。現場前の振込がある時は郵便局行きがてら外に一人で食べに行ったりします。Twitterや友達からのLINEで自担の仕事を知ったりします。何かあると大抵いつもの人たちのグループLINEが荒れるので助かっています。

 

13:00〜18:30 仕事

定時は18:00。NO残業デー以外は大体いつも18:30〜19:30に帰ります。ちょっと忙しい時は20:30くらい。かなり忙しい時は22:00過ぎ。

 

19:30〜23:00 帰宅・夕食・自由時間

スーパー以外に寄り道することはあまりないです。BGM代わりにテレビをつけて、PCでネットサーフィンをしながらご飯を食べます。あとはTwitterをみたり、askに答えたり、好きなブランドのサイトを見て欲しいものをチェックする。たまにDVDを見たり雑誌を読み返したりはしますが、日課ってほどではないです。どちらかというとオタクごとではないNAVERとかMERYのまとめを見る方が多いかも。最近はTOEICを受けるために1時間くらい勉強しています。褒めて欲しくて言いました。

予定をたてるのが好きなので、手帳に文字を書いたり眺めたりします。現場以外に行きたいところができたりすると仲良しの渡辺担に報告したりします。新しいお店とかかわいい服とかもジャニオタの友達と共有できるのが嬉しい限りです。

 

23:00〜0:30 お風呂・就寝準備

お風呂は就寝直前に入りたいのでこの時間です。結構早い段階で部屋を暗くして、寝るギリギリまでベッドの中で携帯を見ています。携帯を持って寝落ちするので朝起きると大抵携帯が行方不明。

部屋を暗くした状態でジャニーズの曲を聴き、自担がメインのコンサートがあった時の妄想をしたりもします。かっこいい曲でどんな照明で登場するかとか。登場シーン、考えがち。

寝る前に自担とは:みたいなことをちょっぴりだけ考えて、まじ幸大くん好きだわぁ…という気持ちが高ぶった状態で寝ます。あと絶対1回は林くんの画像を見てから寝ます。林くんの顔はカモミールティーかってくらい安眠効果絶大です。以前見ないで寝たら悪夢を見たのでそれからは毎日見るようにしています。

 

 

書いてみて思ったのですがTwitterを見ることと友達と情報共有をすること以外あまりオタクごとをしていないんですね、私。自担がテレビに出る人だったらいいんですけど、DVDだと入れ替えたりするのが面倒で毎日は見ないんですよ。本当にジャニオタなのかな…。

 

 

<休日編>

 

10:30〜11:30 起床・洗濯

9:00に起きたいなという気持ちは持っているんですけどね!毎週!気持ちだけでは9:00に起きてるんですけどね!!

 

11:30〜12:30 準備

休みの日は朝ごはん食べないです。

 

13:30〜20:00 外出

大体渡辺担と会ってます。14時前くらいに待ち合わせして行きたいカフェ行って服屋でこれが欲しいあれがかわいい言ってたまに1つの試着室で同時に着替えたりして夕飯食べて帰って来る。

これだけ会ってよく飽きないな!?とは思うんですけど会って沈黙になることは少ないです。最初は「◯◯くんのここがかわいい」だったのに「◯◯くんが△△かもしれないからかわいい」とかそういうことになるから尽きないんですよね。林くんはベーグルが好きっていう話はよくするんですけど、本人はそんな発言してなかったりする。宮舘くんは虫が出現したら無言で踏み潰す、とか。あれ、なんの話でしたっけ?

予定がない日は姉の家に遊びに行ったり、平日サイトでチェックしていたお洋服をお店に行って実際に見たりします。早めに帰ってサスペンスドラマを流しながら部屋を片付けます。

 

20:00〜0:30 自由時間

その日楽しかったことや買ったものを振り返りながらTwitterをします。最近は高校生の時にはまった動画を見返したりもしています。基本的に平日の夜とやってることは変わらないです。林くんの画像を見てから寝ます。

 

 

結論:趣味が欲しい。

 

もちろんジャニーズは趣味なんですけど、体を動かしたり、そういったことをしたいです…。こうやって振り返ってみると平日はかなり時間を無駄にしていることを実感します。特にTwitterに費やす時間は、今後減らしていきたい所存です。

 

良い暇つぶしになりましたでしょうか。私はなりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。